青色申告特別控除とは?

青色申告と白色申告、どちらがお得?

確定申告時には青色申告白色申告どちらかを利用します

青色申告は白色申告よりやや難しい申告方法ですが青色申告特別控除利用出来るというメリットがあります

青色申告特別控除を利用する事で65万円もしくは10万円の所得控除を受ける事が出来る節税になります

ただし青色申告特別控除は個人事業主だけの特典ですので注意する必要があります

青色申告、利用の条件とは?

青色申告特別控除を利用したい場合には事業を開始した際に開業届所得税の青色申告承認申請書提出する必要がありますこの2種類を提出する事でその年の所得に対して青色申告特別控除が受けれるようになります

提出期限は業務を開始して2か月以内ですので注意しなければなりませんすでに開業しているのであれば適用を受けたい年の3月15日までに所得税の青色申告承認申請書を提出します

青色申告特別控除 65万円と、10万円の控除、それぞれ条件は?

青色申告特別控除には10万円控除と65万円控除の2種類がありますそれぞれ受ける為の条件を説明したいと思います

65万円の控除を受けられるのは以下の3条件を全て満たす必要あります

1不動産所得か事業所得のいずれかがある

2日取引を複数簿記で記帳してい

3確定申告時に貸借対照表と損益計算書を添付する

上記3条件全て充たす必要があります。

10万円の青色申告特別控除を利用する場合の条件は上記の65万円の控除を受けられる条件を満たしていなかった場合になります

例えば複式簿記ではなく単式簿記で記帳していたり確定申告時に貸借対照表や損益計算書を添付していなかった場合も控除額は10万円になります

青色申告特別控除の金額が65万円になるか10万円になるかは確定申告時に自己申告になります青色申告特別控除は個人事業主の方にはとても良い制度なので活用をおすすめします