青色申告決算書 内訳と書き方について

青色申告決算書とは、確定申告の為に計算した事業所得や不動産所得の明細書のことです。

確定申告書では、所定の種類ごとの収入金額と、そこから必要経費を差し引いた後の所得金額を記載するだけで、その内訳はまったくわかりません。そこで、様々な明細を記載する青色申告決算書を作成して添付するのです。

青色申告決算書の内訳

青色申告決算書は4ページの様式となっていて、1ページ目が損益計算書、2・3ページ目は損益計算書の内訳明細書、4ページ目は貸借対照表という構成になっています。

様式には事業所得の一般用・農業所得用・不動産所得用の3つの様式があり、一般用の4ページ目には貸借対照表のほかに製造原価の計算欄もあります。

青色申告決算書の書き方

確定申告書には事業所得や不動産所得の金額を記入する為には、まず青色申告決算書を作成する必要があります。

記入方法は、1ページ目の損益決算書の記入から始めていきます。この時に、2・3ページ目の明細欄も一緒埋めていき、損益計算書の金額と明細の金額とが一致するかもチェックします。

なお、製造業や建設業などで原価計算を行っている場合は4ページ目の「製造原価の計算」欄も記入します。

損益計算書

損益計算書の各欄へは、複数簿記による残高計算書や簡易簿記による集計表などをもとに記入していきます。損益計算書にはあらかじめ勘定科目名が印刷されていますが、ご自身の帳簿でこれ以外の勘定科目を使用されている場合には、勘定科目名が空欄になっている所を使って記入したら良いと思います。

貸借対照表

複数簿記で帳簿づけをしていて貸借対照表を作成できる方は、65万円の青色申告特別控除を受ける為に4ページ目の貸借対照表も記入します。

青色申告決算書が完成したら、確定申告Bの第一表・第二表に必要な事項を書き写していきます。そこまで記入出来たら、他の所得や各種控除などを記入して所得税の計算へと進む流れになります。