税理士事務所に青色申告を依頼する際のポイント

税理士に青色申告を依頼する際に、ポイントとなることをまとめます。

①青色申告による専従者給与

65万円の所得控除が受けられるほか、一定の条件のもと、配偶者や家族を青色事業専従者とすることができ、その人に支払ったお給料を経費として計上することができたりします。金額によっては、節税への効果も異なるため、役員報酬の決定に関してはぜ日、税理士を活用しましょう。

②複式簿記による経営管理

青色申告に切り替えたい事業主の方々は大勢いるのですが、一番のハードルは、複式簿記の方法で帳簿を作らなければならないということです。

最近は口座情報やクレジットカード情報が自動連携される会計ソフトなども販売されていますが、税務申告書の作成まで自力で行うには、時間がかかります。

しかし、複式簿記による記帳を行うことで、経営情報が可視化され、経営の意思決定が早まるという利点もあります。単なる会計データではなく、せっかく税理士に記帳代行を依頼するのであれば、自身の会計情報が把握できるよう、試算表のどの部分の数値を見れば良いか把握しましょう。

③資金繰りの改善

日々の事業内容を数値で見ているため、資金繰りに関してアドバイスができる税理士を選びましょう。

資金がショートする寸前で対策をすることはとても大変です。事前に経営情報を予測して、資金繰りに関して助言ができる税理士を選びましょう。

 

青色申告を税理士に依頼して、事業経営の効率化を実現しましょう。