青色申告は必ず電子申告で

電子申告利用が広がり、面倒と言われていた青色申告も簡単に作成できるようになっています。

法人税や所得税などの確定申告はインターネットを利用して電子申告することができます。e-Tax(イータックス)は、申告などの国税に関する各種手続きについて、インターネットを利用して電子的に手続きが行えるシステムで、国税はe-Taxを利用して電子申告することができます。忙しい個人事業主の方も税務署に足を運ばないほうが楽に申告を行えます。

令和2年4月1日以降に事業開始する大法人はe-Taxが義務化され、紙での提出は無効の扱いとなります。まだ義務化はされていませんが、所得税・贈与税・個人消費税は国税庁HPにある「確定申告書等作成コーナー」を利用して税務署に行くことなく確定申告を終了させることができます。

今後も電子申告は利用拡大が見込まれるので、中小企業や個人、特に青色申告対象の個人事業主の方も影響が及びます。2020年分以降は、電子申告によらない紙の書類での申告をした方は、現在より青色申告特別控除額が10万円減額されます。

ぜひ、以下の事前準備を行なって、今年度は電子申告を行いましょう。

青色申告を電子申告で済ませるための4つの準備

e-Tax利用の事前手続きとして4段階あります。

1)e-Taxソフトが利用できるパソコンの推奨環境を含むシステム準備

2)電子証明書の取得、カードリーダーの準備

3)電子申告・納税等開始届出書を提出

4)利用者識別番号等の取得

次は必要なソフトを利用して書類作成となります。最近では、スマートフォンを利用した申告もできるようになっています。