青色申告の所得控除額と控除を受ける条件について

青色申告のメリットとは?

確定申告の一つのやり方である青色申告は、通常の白色申告と比べて手続きが少し面倒です。しかし、その代わりに「青色申告特別控除」という税制上の実質的な優遇を受けられるため、節税を考えている個人事業主にはとても大きなメリットがあります。

青色申告特別控除は個人事業主のための制度なので、法人がこの制度を利用して税金の控除を受けることはできません。

青色申告をすることによって受けられる控除額は65万円か10万円のいずれかです。控除額は個人事業主が申告した所得額によって金額が決まるのですが、細かく控除額が変わることは無く、必ずこの2種類の額からどちらかが選ばれることになります。

65万円の特別控除を受けられる条件とは?

65万円の控除を受けられるのは「不動産または事業所得がある」「毎日の取引を複式簿記で記帳している」「貸借対照表と損益計算書を確定申告時に併せて提出している」という3つの条件を満たしておかなければいけません。

また、不動産所得は戸建てで5軒、または賃貸のマンション・アパートで10部屋以上を所持している場合のみ認定されます。

これらの条件を満たさない場合は全て10万円の控除となりますが、もちろんそのためには申告期限をしっかり守った上でのことです。

期限内の正確な申告は基本です

通常、青色申告の期限は毎年3月15日が期限となっているため、それまでには必要な書類をまとめて税務署に提出し、全ての手続きを終えておくようにしましょう。

なお、これらの申告は自己申告なので、中には虚偽の申告をしてたくさん控除して貰おうとするような人もいます。当然こんな事をすると法律で罰せられてしまうので、絶対に虚偽の申告をしてはいけません。

青色申告特別控除は個人事業主の人たちに頑張って貰おうという国からのエールと捉え、その応援に応えられるような素晴らしい経営者を目指していきたいものですね。