青色申告の専従者給与とは? どんな時に適用?

青色申告の専従者給与、適用される条件は?副業は可能?

専従者というのは個人事業主の家族のことをいいますそして専従者給与は個人事業主が家族従業員に支払う給与のことです

青色申告の場合は他の従業員の給与と同様専従者給与を全額経費にすることができます青色申告専従者の条件は以下の通りです

申告者(個人事業主)生計を共にしていること
申告年度の12月31日時点で15歳以上であること
事業に半年以上従事していること
青色事業専従者給与に関する届出書所轄税務署に提出していること

青色事業専従者給与に関する届出書にはあらかじめ給与額や業務内容なども記入する必要がありこの金額を超えてはいけません給与の金額については業務内容に関して適正だと認められる金額となっていますまた他の従業員と比べて妥当といえる金額であることも必要です業務内容勤務時間の変化による金額変更があれば届け出る必要があります

適正な金額とはどのようにして決めればいいのでしょうか?事業内容や売り上げ金額によっても変わってきますがおおむね他の従業員の給与と比べて算出すれば妥当といえます個人商店などの場合は8万程度にしている場合が多いです

その理由は所得税や住民税がかからないということと適正とみなされやすいからという意味もあるようですまた専従者としながら業務に従事していない専業主婦や子供に専従者給与を支払い経費にしてはいけません

では従事してはいるが専従者給与をもらいながら副業をして収入を得てもいいのでしょうか従事する時間が短かくその事業の妨げにならないと認められれば副業は可能です専ら従事するもの書いて専従者ですあくまで本業は家族が営む事業のほうでなくてはいけません