青色申告のメリットはこんなに多い!

青色申告のメリット4つ紹介

青色申告のメリットとして代表的な以下の4つを紹介します。

①特別な控除として所得を圧縮―青色申告特別控除

青色申告特別控除には3種類あります複式簿記による記帳を前提として、仕訳帳や総勘定元帳といった帳簿類を作成している場合には65万円の特別控除。単式簿記による簡易的な記帳で帳簿類が限定されている場合、または単式簿記で現金の入出金に合わせた記帳を行なっている場合には各々 10万円の特別控除が認められ、所得の計算上、それぞれ控除が可能になります。

②赤字を3年間繰越しできる純損失の繰越控除

青色申告の場合は赤字を3年間繰越すことができ、翌年以降の所得と相殺して税金を計算することができます例えば前年の所得が40万円の赤字で当年の所得が40万円の黒字だったとします前年分と当年分の所得を相殺することで(40万円当年分40万円0万円)、当年の納める税金は0円となります

③家族への給与を経費にできる―青色事業専従者給与

事前に税務署への申請が必要になりますが、事業主と生計を一にする家族に支払った給与を経費にできるものです。白色申告も同様の趣旨のものがありますが、配偶者に86万円、その他の親族に50万円と上限が決まっているものの、青色申告の場合は、上限がありませんので、仕事の内容に応じた金額の計上が可能となります。

30万円未満の減価償却資産―一括で経費に

通常は10万円以上の資産は減価償却資産として資産に上して、複数年にわたって費用化していきます通常は例えば1月に新品のパソコンを16万円で購入した場合4年間で償却して1年間は4万円しか経費にできません青色申告の承認を受けていれば、このパソコン16万円をすべて購入した年の経費にすることで所得を圧縮することができます

 

税務署に届出書を提出しきちんと帳簿をつけさえすればいいのです。クラウド会計なら届出書の作成から帳簿付けまで簡単に仕上げることができます。青色申告では、上記のメリットを受けるほか、帳簿をきちんと記帳することにより、1年間の損益も正確に把握することが可能となります