青色申告のやり方 これだけは知っておいてほしい手順

青色申告手順その1 開業届と青色申告承認書準備 提出期限に注意!

個人の方が、青色申告で確定申告したい場合にはまず開業届青色申告承認申請書税務署に提出して、承認を得ることが必要になります

開業届提出期限は、開業後2ヶ月以内青色申告承認申請書開業か月以内に提出する必要があります(開業日が1月1日〜15日の場合は、その年の3月15日まで)。この期限に遅れるとその年は青色申告できなくなるので注意しましょう

青色申告手順その2 複式簿記の帳簿類

青色申告特別控除65万円の適用を受けたい場合には、複式簿記による帳簿の作成が必要となります。複式簿記によらず簡易的な帳簿の作成では、特別控除額が65万円ではなく10万円に減少します。また、具体的に作成が必要な書類は、総勘定元帳や仕訳帳、現金出納帳など多岐に渡ります。

複式簿記は初心者には難解かと思います。便利な青色申告用のソフトウェアなどを利用すれば、比較的に作成が楽にできますまたコストはかかりますが税理士に作成をお願いすることもできます

青色申告手順その3 申告書の提出 期限に遅れないように!e-taxも便利です

青色申告の受付期間は毎年2月16日~3月15日ですからこの期間内に管轄の税務署へ持参して提出もしくは郵送するかあるいはe-Taxで提出しましょうこの提出期限に遅れると65万円の青色申告特別控除が受けれなくなったり延滞税や無申告加算税などのペナルティが発生する場合があるので注意しましょう

青色申告 分からないことがあるときは?

もし、青色申告の手続で分からないことがあれば全国の税務署に電話すれば親切に教えてくれます。

はじめて青色申告する場合後になって大きな勘違いなどに気が付いて大失敗してしまうということもあるのでできるだけ前もって税務署や税理士など専門家に相談して青色申告でなすべきこと注意すべきことしっかり把握しておくと良いと思います