青色申告に必要な青色申告決算書の入手方法と詳細

青色申告決算書とは? 入手方法は?

青色申告を行うときには、確定申告書に加えて、青色申告決算書を必ず提出しなければいけません

税務署では青色申告に必要な書類や申告書の作成手引書などをひとつにまとめた書類一式が用意されています。また、国税庁HPからダウンロードすることができるほか、青色申告決算書自体を作成することもできます。

なお、確定申告書を青色申告で行う場合には、開業届の提出や青色申告をすることについて承認を得ていることはもちろんのこと、日頃の会計処理について複式簿記による記帳が求められるほか、仕訳帳や総勘定元帳など適切な帳簿の保存も求められます。

青色申告決算書の記載事項とは?

青色申告決算書とは、日頃の記録を元に、その結果を決算書としてまとめるものです。損益計算書とその内訳、貸借対照表の記入が求められています。

損益計算書欄1ページ目には売上金額経費の内訳仕入金額専従者給与額青色申告特別控除額などを書き込み1年間の所得額を計算します

2,3ページ目では、内訳として、上記の項目ほか固定資産と減価償却費の内訳や税理士などの報酬を記載します

4ページ目が貸借対照表なっており資産や負債資本などの金額を記入します

基本的には、決算書の内容をそのまま記載することとなるので、締め切りに間に合うように決算処理を行うことが重要です。