青色申告に必要な書類と手続きの流れ 早めの確認がおすすめ

お得な青色申告、まずは書類を把握

青色申告には「確定申告書」「青色申告決算書」「源泉徴収票」「生命保険などの控除証明書」といった書類が必要になります。

確定申告書や青色申告決算書には「複式簿記により記帳した帳簿」と「貸借対照表及び損益計算書」を添付する必要があるため、そちらも忘れずに準備しておきましょう。

確定申告書は青色申告・白色申告共に「確定申告書B」の形式のものを使用します。源泉徴収票や控除証明書は専用の添付台紙に貼り付けて提出して下さい。

帳簿は毎日コツコツ記帳であわてずに準備

帳簿などは青色申告を行う直前にいきなり準備するのは難しいので、きちんと毎日記帳していつでも提出できるようにしておくことをオススメします。帳簿系の書類は手書きでも会計ソフトで作ったものでもどちらでもOKです。

ちなみに、最近はアプリで自動作成してコンビニでプリントアウトできるような便利な物もあるので、パソコンなどや会計ソフトが無くても簡単に青色申告に必要な書類を作成できるようになっています。

なお、帳簿類は原則7年の保存が義務付けられているため、確定申告が終わった後も捨てずに取っておくようにしましょう。

取引毎の領収書や明細書などは提出も保存もしておく業務は無いので、不要になった物は処分しても構いませんが、帳簿に不備があった時の確認用にしばらく取っておくのが良いでしょう。

作成した書類は税務署の窓口に直接持参する他に、郵送(書留)で送る方法やe-Taxを利用してオンライン上で届け出る方法もあります。窓口に直接持って行ったからといって間違いを添削してくれる訳でもないので、自分がやりやすい方法で提出するのがベストかなと思います。

帳簿はクラウド会計なららくらく

青色申告は提出する書類が多くて面倒くさいというイメージもありますが、普段からきちんと帳簿付けしている人なら白色申告と比べてもそこまで手間は変わりません。

最近は簿記の知識が無くても簡単に帳簿の作成ができるクラウド会計やアプリが沢山あるので、同じ手間なら様々な特典の付く青色申告の方がずっとお得だと思いますよ。