青色申告とは? 青色申告にできる条件と、そのメリットを知る

青色申告とは? どうすれば受けられる?メリットは何?

青色申告と確定申告における手段の1つになります青色申告の他には白色申告が存在しますが特に意識をすることなく確定申告を行えば自動的に白色申告になります

法律上、特定の要件満たしたときには、青色申告を利用することができますそして青色申告を利用することでメリットを得られるためその中身などについて理解しておくと良いでしょう

青色申告では、日々行われている取引の詳細を帳簿に記録してその記録に基づいた申告をすることでメリットがもたらされることになります白色申告でも帳簿作成は義務付けられていますが、単式簿記で十分です。

 

青色申告の条件ですが、

複式簿記により作成した帳簿により作成した貸借対照表損益計算書を確定申告の書類に載せることが必要になります

事前に届出書を税務署に持って行き提出をして承認される必要があります

そしてメリットの内容に関してですが最も大きいと思われるのは①所得の特別控除として最大で65万円分が用意されているということです控除額が大きいのでその分課税対象となる金額が低くなり結果的に納税額も低くなるのです

さらに、二点目ですが、純損失に関して来年以降の3年間の中におけるそれぞれの年度の所得から差し引くことが可能でさらには純損失を去年の所得金額に繰り戻すことも可能となっています。節税の効果が白色の場合よりも得られやすいといえます。

後者の場合には去年の時点で青色申告をしているという状況が必要になりますが青色申告にすることで大きなメリットを受けられるケースもあります。

日々の手間は発生しやすいので、青色申告にもデメリットもあるということになりますが、結果で見ると大変大きいのが青色申告ですので、これらメリットを生かしたほうが得、ということができるでしょう。