青色申告と複式簿記 「難しい」とあきらめないで、クラウド会計を使ってみよう

確定申告の方法には青色申告と白色申告があります

このうち青色申告は最大65万円の控除を受けることができ節税効果もあるので個人事業主の方はこちらで申告しているのではないでしょうか。 

一般的に青色申告は難しく白色申告は簡単というイメージがあります青色申告に難しいイメージがあるのは複式簿記の方式で帳簿を付けることを義務付けられているからです

青色申告では日々の取引を詳細に記帳しておかなければなりませんそのため帳簿は複式簿記の方式で記帳しなければならないのでそれなりの簿記知識が必要になります 

複式簿記とは帳簿の記帳方法の一つですこれは一つの取引を原因と結果の二つに振り分けて記帳する方式でこの作業を仕訳といいます

青色申告でこの方式が義務付けられている理由はこの会計処理であれば財産や所得隠しなどの不正がにくい仕組みだからですつまり複式簿記で記帳することは帳簿の信頼度を高くすることになります

しかし、今では帳簿もクラウド会計を使うと、インターネットバンキングやクレジットカードと連携が可能であり、また、仕訳が会計の知識がなくても自動でできるため、青色申告の「難しさ」がぐっと緩和されています。

そうなると、「複式簿記は難しいから…」と、今まで65万円の控除をあきらめていた方もクラウド会計ならチャレンジできそうですね。

当事務所では、クラウド会計の導入を考えていらっしゃる方、自動仕訳の初期設定のチェックのご相談など、インターネット予約で受け付けております。お気軽にご相談ください。