青色申告と給与所得 兼業フリーランスのお得な節税法とは?

青色申告と給与所得 双方の控除が使える!兼業フリーランスが使えるお得な方法

青色申告控除と給与所得控除を両方利用すれば最大年間130万円分節税ができることはご存じでしょうか

個人事業主でもあり給与所得者でもあるということは両立します例えばこのメリットが得られるケースとして個人事業主としてフリーランス等の仕事をしながらその空いた時間で普通のアルバイトをして給与所得を得るようなケースですどちらがメインとなっていてもかまいませんまた年度中に個人事業主を止めて給与所得者になるとかその逆の場合もOKです

この場合65万円分の青色申告特別控除複式簿記で帳簿付けしない場合は10万円の控除がその事業所得に使えるうえにさらにその給与所得にも給与所得控除が65万円分使えるようになります結果個人事業主としての事業所得分に65万円の控除がつき給与所得者としての給与所得分にも65万円の控除がつきます。

その結果として

青色申告控除65万円+給与所得控除65万円=合計最大130万円分

控除が使えることになります。

この制度をうまく利用すると例えばフリーランスでライターのお仕事をされているような方がそのライターのお仕事をするよりも良い条件の給与所得となるアルバイトが何か見つかれば個人事業主の仕事をそこそこで切り上げてその空いた時間で条件の良いアルバイトをするとそのアルバイトから得た65万円までの給与所得はすべて非課税になるわけです

それだけのメリットならあまり魅力はないかな思われる方もいらっしゃるかもしれませんがその控除の結果その所得が減れば所得税だけでなく連動して国民健康保険税や市民税などの支払いも減ることを考えればそのメリットはさらに大きなものになります

ですのでもし上記条件に合う方がいらっしゃれば青色申告控除と給与所得控除の両方の適用も可能なのだと理解されておくとよいかと思います