青色申告した方が得なのは所得がいくらから?

売上が一定額以上でいないと青色申告できないと誤解している方がいらっしゃいますが、青色申告にはいくらからという売上金額上の決まりはありません。極端に言えば売上がゼロでも青色申告することは可能です。

いくらからという規定はありませんが、損か得かで言えば白色申告と青色申告のボーダーラインはかつて存在しました。

平成26年1月以前は年間の合計所得金額が300万円以下の場合は記帳と帳簿書類の保存が義務づではありませんでしたが、それ以降は義務化されているため白色申告を選択する金銭的なメリットはほとんどありません。

白色申告には単式簿記による事務負担軽減というメリットがありますが、納税額に関しては特別控除が受けられる青色申告が有利です。

「青色申告しほうがいいのはいくらから?」という問い対する答えは「所得額にかかわらず青色申告したほうが税負担的に有利」となります。