副業ブームと青色申告 会社員も10万円の控除からチャレンジ

会社勤めをしていると、青色申告には縁がない、と考えている方が多数派と思います。

ところが、昨今の副業ブームで、青色申告ができる方が増えている、というのはご存じでしょうか。

会社員としての給与のほか、所得税でしたら20万円以上の所得になると、国税の確定申告が必要です(ちなみに、地方税は1円でも所得があれば申告が必要です)。

その際、白色申告にするか、青色申告にするか、ですが、お得な青色申告にチャレンジしてみませんか?経費も副業に関してではありますが、今までより認められる範囲が広がります。

青色申告は、複式簿記と簡易簿記があります。後者の簡易簿記が付けられると、10万円のt特別控除がみとめられます。簡易簿記に必要な帳簿は以下の通りです。百聞は一見に如かずですので、国税庁でひな型をご覧ください。記載の仕方もガイダンスがあります。

・現金出納帳

・買掛帳

・経費帳

・固定資産台帳

*税務署への開業届と、青色申告承認申請書は控除額にかかわらず。必要になりますので、ご注意ください。

ただ、今はクラウド会計があります。簡易簿記と同じ感覚で、クラウド会計に入力をしていくと、複式簿記の仕訳も自動で行えるため、青色申告の特別控除最高額の65万円も楽に認めてもらうことができます。

最初からクラウド会計で複式簿記で青色申告をしている方にお聞きすると、入力は「家計簿みたいだった」とおっしゃる方もいるくらいなので、非常に簡単です。

ですので、もし簡易簿記を利用するとしても、最初の数か月にとどめておき、複式簿記に切り替えることをお勧めします。その後税務署に相談に帳簿の切り替えの相談をして、クラウド会計で満額の控除を受けるほうが断然お得です。

クラウド会計のご相談は、当事務所までお気軽にお寄せください。