個人事業主も節税可能?個人事業主が会計ソフトを利用するメリット

 

青色申告ソフト、節税に?個人事業主も会計ソフトを利用した方がいい理由

個人事業主の皆さんであれば、避けて通れないのが確定申告でしょう。一年間の売上や経費をまとめ、収入を税務署に申告し、収入に応じた所得税を納める大事な作業です。サラリーマンであれば、年末調整で所得税、市民税健康保険料といった税金や保険料関係を会社が代行してくれるので楽なのですが、個人事業主は確定申告という形で自分で行う必要があります。

でも、忙しい中請求書や領収書をまとめるということは中々億劫であり、確定申告書を作るためには、簿記の知識も多少なりとも必要になってきます。

こう聞くと余計に億劫に感じてしまいますが、青色申告のための便利なソフトがあります。弥生会計・勘定奉行シリーズが代表例です。また、クラウド会計サービスのマネーフォワードやfreeeも導入コストは安く、操作も簡単です。

これらの青色申告ソフトを利用すれば、面倒な仕訳の作業も売上の管理も、ルールに従って入力していけば、小規模な事業なら問題なく決算書を作り上げることができます。

さらに、現在白色申告で確定申告されている個人事業主の方が青色申告に切り替えると、年間60万円の売上控除が可能になります。

現在は法律が変わり、白色申告でも、決算書類の提出が義務付けられています。

同じ手間をかけるなら、青色申告に切り替えることで、かなりの節税の可能性があります。青色申告ソフトなら、白色申告から切り替えるのも手間がかからなくなり、その上節税につながるのです。

個人事業主の方で白色申告をされている方は、この機会に一度青色申告への切り替えと同時に、会計ソフトの導入を検討されてはいかがでしょうか。