サラリーマンの青色申告 副業があればぜひやってみましょう

サラリーマン本人やその妻でいると、従来は所得税の確定申告に縁のない方が大多数だったと思います。確定申告には、「青色申告」というものがあります。複式簿記で帳簿を付けるなど、一定の条件を満たすと控除を受けられる制度です。

青色申告は、主に自分で事業を行っている人向けの制度なのですが、サラリーマンでも利用する場面があります。正確に言うと「本業がサラリーマン」で、「副業を営んでいる」方です。

では副業というと、どのようなケースがあるのでしょうか?

海外赴任中や国内転勤中に、マイホームを期限付きで貸し出すサラリーマンがいます。この間の家賃収入は、「不動産所得」として、青色申告の対象になる所得となります。

最近では副業解禁の会社も増えて、業務委託契約で、副業をする方が増えています。コンサルティング・プログラミング・イベント企画などで得た対価は、一定の条件を満たせば青色申告の対象となる「事業所得」になります。

これらの副業収入があると、収入から経費を差し引いた所得に税金が課されるのですが、ここで青色申告の申請を出しておけば、所得から最大65万円の控除が受けられるのです。これを使わない手はないですよね。

要件である帳簿を付けるのが難しそうという方が多いと思いますが、実はそんなに難解なものではありません。何といっても、これをやるだけで税金の負担を軽くすることができるのですし、是非チャレンジしてみましょう。

今はクラウド会計を使うと、複式簿記も作りやすいので、青色申告のハードルはかつてより下がっています。

副業自体の所得がそれほど多くなくても、青色申告を使えるのであれば、税金を節約できて、実質所得増の効果がでることもあることも知っておきましょう。